コンテントヘッダー

学校だより第60号

広野小だより第60号
平成26年2月14日


思わぬ大雪にてんやわんや
大雪


 強い低気圧の影響で、8日(土)から9日(日)未明にかけて当地でも
大雪となりました。先週は、立春の4日(火)にも雪が降りましたが、
今回は東日本や北日本の各地で記録的な大雪となり、交通機関の乱れや
道路の通行止め、停電など大きな被害をもたらしました。広野町でも、
これほどの雪が積もったのは本当に久しぶりのことだと思います。その
影響で10日(月)の登校の際には、子どもたちも教職員もやっとの思い
で学校へたどり着いたというのが正直なところではないでしょうか。大
きな道路は除雪がしてあっても、その他の道路は細い轍が2本あるのみ
で、それも朝のうちは凍ってガチガチの状態でした。また、高速や県
道35号線(通称・山麓線)の通行止めの影響で国道6号の北行きの渋滞
がひどく、いわき市四倉町付近からずっと数珠つなぎでほとんど動か
ない状態でした。登校時のバスもかなり遅れたり運行できない地区が
あったりして、保護者の皆さんにもご迷惑・ご心配をおかけしました。
そんな中でも子どもたちは元気いっぱいで、休み時間には歓声を上げ
て雪遊びをする姿が見られました。


4月になるのが待ち遠しいね!
仮入学

 13日(木)には、この4月から1年生に入る皆さんの仮入学(入学説明会)
がありました。保護者の方に学校側から入学に関しての説明をしている間、
5年生たちが新1年生の面倒を見てくれました。昔話をしたり音楽の演奏をし
たりボールを使ったゲームをしたりと、小さい子どもたちが飽きないように
工夫して、様々な趣向を凝らしてくれました。4月7日(月)の入学式まであと
2か月を切りました。それぞれのご家庭では、入学に向けての準備が着々と進
んでいることと思います。また、指折り数えて入学式の日を楽しみにしてい
ることでしょう。新1年生が元気に登校する日を、教職員も在校生もみんなで
待っています。

お知らせ
 全国的にインフルエンザの発生が増加しています。隣のいわき市では、
2月3日の週から「警戒レベル」(1医療機関当たりの患者数が30人以上)
となっています。1月31日付けの本校の「ほけんだより」でもお知らせし
ましたが、現在、本校でもインフルエンザによる出席停止や、発熱等に
よる早退の児童が見られます。今後も流行の可能性がありますので十分
にご注意ください。















コンテントヘッダー

学校だより第59号

広野小だより第59号
平成26年2月10日


耳が不自由な人のために~手話教室
手話

 5日(水)には、3・4年生を対象にした手話教室が開かれました。講師に
は、福島県手話協会・聴覚障がい者協会いわき支部から根本さんと大和田
さんにお越しいただき、手話の基本を教えていただきました。最初に「こ
んにちは」「こんばんは」「ありがとう」「すみません」などの簡単なあ
いさつの仕方を、講師の先生のまねをしながらやってみました。その後で、
「私の名前は○○と言います。よろしくお願いします。」という自己紹介
の仕方を教わり、お互いにやってみせたり講師の先生に見ていただいたり
しました。手話は、明治23年に京都にあった耳の不自由な子どもたちのた
めの学校から始まったそうです。
 今はテレビで手話放送や文字放送があったり、筆談できる場所が増えて
きたりして、社会の環境も少しずつ整ってきていると講師の先生がお話さ
れていました。資料を持ち帰りましたので、これをきっかけに手話への理
解が深まることを願っています。

みんなの笑顔を届けよう
笑顔

 5日(水)には、「ふくしまっ子10万人の笑顔プロジェクト」が本校で行わ
れました。これは、福島県内民放4社の共同キャンペーンで、東日本大震災か
ら3年にあたって、未来を担う子どもたちの夢と希望を応援するものです。
 県内のすべての小学生を対象に紙皿を使って自分の笑顔を描く活動で、こ
の日は1・2年生が参加しました。講師にはアートディレクターの水谷さんが
来校されご指導いただきました。紙皿にクレヨンやマジックなどで自由に顔
を描いたり、毛糸や色紙、モール、ペットボトルのキャップなどいろいろな
物を使って飾り付けをしたりして、素敵な笑顔の皿が完成しました。3年生
以上の皆さんも、他の時間を利用して作品を仕上げます。これらの作品は福
島市のあづま総合体育館に集められ、巨大オブジェとして作り上げられたも
のが4月上旬に公開される予定になっています。
コンテントヘッダー

学校だより第58号

広野小だより第58号
平成26年 2月5日


心の鬼を追い払え!~豆まき集会
豆まき集会

 3日(月)は節分でした。豆まきをしたり鰯の頭に柊の葉を付けて玄関に
掲げたりしたご家庭も多かったことと思います。学校でも、全校生が体育
館に集まって「豆まき集会」をしました。集会委員の進行で、追い出した
い鬼の発表と大声コンテストや5色に塗りわけられたスペシャルラッキー
豆まきなどがありました。いじわる鬼やなまけ鬼、好き嫌い鬼などの退治
したい鬼が発表され、大声コンテストでは、出場した16名の中から倉田さん
(1年)、木幡さん(2年)、吉田さん(3年)、大橋さん(5年)、阿部さん
(6年)が入賞しました。4日(火)は立春で暦の上では春になりましたが、
実際には朝から今シーズン初めての雪模様になるなど、寒さはもうしばら
く続きます。福島県内では、先月末にインフルエンザの流行が注意報レベ
ルを超えましたので、こまめに手洗いやうがいをするなど、皆さんも十分
に気を付けてください。

すばらしい「雪富士」の贈り物

加藤画伯
 昨年度も本校に「黄色いゆり」の絵を贈ってくださった画家の加藤力之輔さ
んが4日(火)に来校され、今回も素敵な作品「雪富士」を持ってきてくださ
いました。今回の作品は、加藤さんのアトリエがある鎌倉・稲村ヶ崎から見
た冬の富士山の様子を木炭とパステルで描かれたものです。全校集会の中で
全校生にも紹介しましたが、加藤さんは、前回本校を訪問された時より子ど
もたちが元気になってきている感じがするとおっしゃっていました。加藤さ
んはスペインにも居を構え、日本と往復しながらたくさんの作品を制作して
いるそうです。この日は朝から雪が降って寒い日でしたが、広野の地も
加藤さんが描いてくださった絵にぴったりの風景になりました。校舎内に掲
示しますので、保護者の皆さんもお時間がある時にぜひご覧ください。

お知らせ

 平成26年4月1日(火)から消費税が8%に上昇することに伴い、現在本校で
児童が着用している体操着の価格が下記のように変更になるという連絡が、
取扱業者から入りました。今後購入を予定されている方は、3月末までにお買
い求めになることをお勧めします。

【取り扱い店】SCHOOL HOUSE(電話 0246-35-1555)
【場   所】いわき市平字作町3-1-9(マルト平白土店となり)
【営業時間】10:00~19:00(土・日・祝日も営業しています)
品  名 サイズ 3月31日まで 4月1日から
長袖シャツ 110~150 3,360円 3,456円
SS~4L 3,780円 3,888円
ストレートパンツ 110~150 2,730円 2,808円
SS~4L 3,150円 3,240円
半袖シャツ 110~150 1,995円 2,052円
SS~4L 2,415円 2,484円
クォーターパンツ 110~150 1,995円 2,052円
SS~4L 2,415円 2,484円
名札用布 80円 83円
コンテントヘッダー

学校だより第57号

広野小だより第57号
平成26年1月31日


おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に
昔遊び

 29日(水)には生活科の授業「昔の遊びをしよう」の一環で、
町内の老人クラブの皆さんに来校していただき、1・2年生の子
どもたちと昔懐かしい遊びを通して交流を深めました。この日
は、グループごとにお手玉やあやとり、すごろく、だるま落と
し、けん玉、こま回しなどに挑戦しました。老人会の皆さんに
遊びのこつを教えていただきながら、子どもたちも真剣になっ
て取り組んでいました。家でおじいさんやおばあさんに教えて
もらっていたので、上手にあやとりができる人もいました。
会の進行やお礼の言葉もしっかりと発表できました。最後には
校歌を歌い、聴いていただきました。老人クラブの方から、
「皆さんから元気をもらったので長生きできそうです。」とい
うお話がありました。普段はなかなかできない遊びを通して、
楽しい時間を過ごすことができました。ご協力ありがとうござ
いました。

常磐道の再開通を祈念して
広野インター

 東日本大震災以来通行止めになっていた常磐自動車道の広野
インターと常磐富岡インター間が2月22日(土)に再開通するこ
とに伴い、震災からの復興と未来への希望を願って、広野イン
ター内のランプ園地部分にヤマザクラの苗木を植えるために、
30日(木)に5・6年生が祈念植樹式に参加しました。NEXCO東
日本いわき管理事務所の中村所長さんからご挨拶をいただき、
苗木の植え方の説明を聞いてから、数人ずつに分かれて作業に
入りました。小さな芽を付けた子どもたちの背丈よりはちょっ
と低い苗木をまっすぐに立てて土をかけました。花が咲くまで
は2~3年かかるそうですが、これから広野インターを利用する
際には、この日植えたヤマザクラがどんなふうに生長していく
のか、春にはどんな花を咲かせてくれるのか眺める楽しみが増
えました。普段は入れない高速道路内に足を踏み入れ、帰りの
バスは高速道路上でUターンするなど、なかなかできない貴重
な体験もしてきました。

おいしい給食をいつもありがとう

 給食3

 毎日おいしい給食を作ってくださっている町共同調理場の
調理員の皆さんに感謝の気持ちを表して、学校給食週間の最
終日である30日(木)の給食の時間に感謝状を贈呈するとと
もに、ランチルームで一緒に会食をしました。保健給食委員
会の委員長・久松さんが代表して感謝の言葉を述べた後、保
健給食委員から6名の調理員さんたちへ感謝状が贈られました。
その後、調理員を代表して大和田  さんからごあいさつを
いただき、みんなで会食をしました。毎日安心・安全な給食
を食べられるのは、子どもたちの健やかな成長を願って調理
してくださっている調理員さんたちのおかげです。本当にあ
りがとうございます。ちなみにこの日の献立は、ソフト麺、
けんちんかけ汁、信田煮、ごまあえ、コーヒー牛乳でした。
これからもおいしい給食をよろしくお願いします。

千葉からピーナツの贈り物

ピーナッツ千葉

 28日(火)には、千葉県芝山町にある㈱エハラピーナツ様
からピーナツ(落花生)を贈っていただきました。ピーナツ
は千葉県の特産品で、生産量は全国第1位です。同送された
手紙の中には、「私たちに何かできることはないだろうか 
・・・弊社にできること・・・その結果が『節分』のお手伝い
です。節分、豆まきと言えば『鬼は外、福は内』。落花生を
まいて笑顔を広げてもらえたら、その私たちの思いを届けず
にはいられませんでした。」と書かれていました。東日本大
震災の影響で、工場や機械設備などの修繕工事がまだ完了し
ていないとのことでしたが、子どもたち1人に1袋ずつ贈って
いただきました。ちょうど節分の時期なのでグッドタイミン
グだったと思います。地元の芝山町内にある芝山仁王尊は、
厄除けとして有名なお寺だそうです。また、今回贈っていた
だいた『御多福まめ』とは、まめまめしく働き幸せを寄せよ
うという意味があり、厄除けと幸運の願いを込められている
そうです。子どもたちが元気ですくすくと育つように大きな
声で「鬼は外、福は内。」と叫びながら、心の中の鬼を追い
出してたくさん福を呼び込めるよう、元気に節分を迎えたい
と思います。ご支援ありがとうございました。

◆ 広野インターチェンジ放射線量測定結果(その4・最終)
1月26日(日)0.21  27日(月)0.21~0.22  28日(火)0.21
29日(水)0.20~0.21  ※ 単位はμSv/h
コンテントヘッダー

学校だより第56号

広野小だより第56号
平成26年1月28日


学校給食週間にちなんで
カレー


 1月24日(金)から30日(木)までは、「全国学校給食週間」です。
日本での学校給食は、明治22年に山形県の小学校で、家が貧しくて
弁当を持ってくることができない子どもがたくさんいたので、この
学校を建てたお坊さんが、おにぎりや焼き魚、漬け物といった昼食
を出したのが始まりと言われています。その後、全国各地に広がり
ましたが、戦争による食糧事情の悪化により中断されました。戦後、
子どもたちの栄養状況の悪化を背景に学校給食の必要性が叫ばれる
ようになり、アメリカの民間団体からの申し出もあり、昭和21年12
月24日から試験的に東京、神奈川、千葉の3県で給食を実施すること
になりました。それ以来、この日を「学校給食感謝の日」と定めて
いましたが、給食物資の寄贈に対する感謝の意を表するとともに、
学校給食による教育効果を促進する機運を高める観点から、文部省
は昭和25年に、冬季休業と重ならない1月24日から30日までの1週間
を「学校給食週間」と定めました。
 戦後の高度経済成長に伴って、現代は「飽食の時代」とも言われ、
子どもたちの食生活を取り巻く環境が大きく変化しました。偏った
栄養摂取や肥満傾向など、健康状態について懸念される点が多く見
られるようになり、学校給食は、子どもたちが食に関する正しい知
識と望ましい食習慣を身に付けるために重要な役割を果たしていま
す。
 野馬追献立1
 さて、本校での第1日目(24日)の給食は「みんな大好き献立」で、
ポークカレー、ブロッコリーソテー、いよかん、麦ご飯、牛乳が出
ました。
 2日目(27日)は「相馬野馬追献立」で、かつお揚げ煮、すまし汁、
きゅうりの昆布入り漬け物、貝柱ご飯、牛乳が出ました。この後、
28日(火)は「まごわやさしい献立」、29日(水)は「会津地方祝
い事献立」と続きます。どの日も子どもたちが大好きな献立や郷土
食を生かした献立ということもあって、普段にも増してみんなもり
もり食べる姿が見られます。食べる子どもは元気です。インフルエ
ンザやノロウイルスなどを吹き飛ばすように、これからも栄養バラ
ンスのとれた給食をしっかり摂って、体も心も元気に成長してほし
いと思います。

◆ 広野インターチェンジ放射線量測定結果(その3)
 1月19日(日)0.22~0.24  20日(月)0.20~0.23  21日(火)0.22
 22日(水)0.23~0.24  23日(木)0.24  24日(金)0.24~0.25
 25日(土)0.21~0.22  ※ 単位はμSv/h

プロフィール

hirosyowebmaster

Author:hirosyowebmaster
広野町立広野小学校へようこそ!

2012年8月1日学校を再開しました!
〒979-0408
福島県双葉郡広野町中央台三丁目1番地
電話 0240-27-@332
※いたずら防止のため上記@を2に直してください!
FAX 0240-27-@041
※いたずら防止のため上記@を4に直してください!

これまでの閲覧者数
2011.9.6からスタート!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
リンク
QRコード
QR