コンテントヘッダー

学校だより第36号

広野小だより 第36号
平成25年10月17日


「読書の秋」プロの朗読に魅せられて

朗読

 8日(火)に福島テレビの浜中アナウンサーが来校され、本の朗読ワーク
ショップが開かれました。これは、文化庁主催の「次代を担う子どもの文化
芸術体験事業」の一環として実施されたものです。浜中さんは京都出身で、
アナウンサーになって22年になるそうです。
 まず、よい声の出し方についてお話がありました。聞いている人に気持
ちのよい声だと感じてもらえるように、相手のことを思って話すことが大
切なことや、声は口から出ているけれども体中に響かせるように、体が楽
器になっているつもりで声を出すことなどを、実技を交えながら教えてい
ただきました。また、「へんしんトイレ」「おかあちゃんがつくったる」
「スイミー」の3冊の絵本の読んでくださり、声に出して本を読むことの楽
しさを味わってほしいと話していました。「スイミー」は2年生の国語の教
科書にも掲載されているので、誰もが知っているお話です。浜中さんもとて
も好きな本のひとつで、子どもの頃に買ってもらった「スイミー」の絵本
を見せてくださいました。この日の活動を通して、読書の秋を満喫してみ
るのもいかがでしょうか。


「食欲の秋」旬の味覚を堪能

栗ご飯

 9日(水)の給食は、「栗ご飯、ごま塩、肉団子、ツナと枝豆のサラダ、
紅葉汁、牛乳」という献立でした。このうち、栗ご飯には、秋の味覚の
一つである栗が炊き込まれています。紅葉汁とは、秋の紅葉の頃に捕れ
る鮭や、今が旬の里芋や大根などが入った具だくさんのみそ汁のことで
す。鮭は赤身の魚と勘違いされますが、実は白身の魚です。その割には
脂質が多く、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)
なども多く含まれているそうです。秋にはおいしいものがたくさんありま
す。今は季節に関係なくいつでも何でも食べられますが、旬のものを味わ
うという喜びや楽しみを感じるとてもよい機会になりました。
プロフィール

hirosyowebmaster

Author:hirosyowebmaster
広野町立広野小学校へようこそ!

2012年8月1日学校を再開しました!
〒979-0408
福島県双葉郡広野町中央台三丁目1番地
電話 0240-27-@332
※いたずら防止のため上記@を2に直してください!
FAX 0240-27-@041
※いたずら防止のため上記@を4に直してください!

これまでの閲覧者数
2011.9.6からスタート!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
リンク
QRコード
QR